人にはマカを
妊娠中

人にはマカを

西洋医学が発達し、ちょっとした風邪でも薬を処方してもらう文化が根付きました。
しかし、人間には本来胃腸を中心とする免疫機能が備わっており、自然と共存をすることで命を全うしてきました。
安易な医薬品の乱用により、多数の耐性菌と呼ばれる菌が生まれており、抗生物質では対応しきれない菌も存在します。
もちろん、適切な医薬品の処方により日本においては記録的な高齢化社会を向かえています。
しかし、身体本来の機能を失うことで、新しい病に直面しているのも事実です。
そこで、オーガニックブームや農薬を使用しないビオと呼ばれる野菜などのジャンルは欧州を中心に生まれ、日本よりも先行する形で市場が拡大しています。
こうしたオーガニックやビオと呼ばれるブームの中心には、「ハーブ」の使用が見られます。
ハーブは日本などの東アジアでは元来「漢方薬」や「薬草」と呼ばれてきたものに類似しており、植物の根などの部分を乾燥させるなどの方法で粉末化し、煎じて飲んだりそのまま楽しんだりと人々の生活に馴染んできました。

今日本におけるサプリメント市場において、爆発的なブームを見せている「マカ」もハーブの一つとして長い間ペルーの人々たちの間で煎じられてきたものです。
また、煎じる以外にも野菜としての歴史も古く、栽培し食生活の中にもしっかりと溶け込んできました。
マカは現在ペルー国内で粉末化などが行われています。
妊娠中の女性でも安心して飲めるように完全無農薬で栽培している製品も増加しており、昨今のビオブームに乗った安心できる製品も手軽に国内で購入できるようになりました。
天然のミネラル、アミノ酸、葉酸などの成分をハーブを通して摂取することで、人間本来の免疫機能が癒され、パワフルな自分を取り戻すことが出来ます。
疲れの多い現代社会に生きる私たちには、今こそマカが必要なのです。
効果はじわじわと浸透していくものなので、時間を要しますが是非リラックスして飲んでみてください。