マカを飲んで腹痛が起きる場合は
妊娠中

マカを飲んで腹痛が起きる場合は

マカは非常に副作用が少ない成分として人気がありますが、時々こうした声を耳にすることがあります。
それは「腹痛が起きた」という声です。
でもどうして副作用が少ない成分にも関わらず、腹痛が起きてしまうのでしょうか。
ほとんどの原因は次の3つと考えられています。

まず1つ目は「摂取量」です。
マカの摂取量については製品のパッケージに必ず掲載されています。
例えばサプリメントですと、1日に2錠などの表示があるのです。
これを厳守することが大切なのですが、効果を高めたいが故に大量に飲む人が少なからずいらっしゃるようです。
これは非常に負担となります。
また、日本人以外が海苔の消化酵素が少ないように、本来マカはペルー原産の特殊な植物です。
アンデスの高原地帯に自生していますし、野菜としても栽培されてきたものです。
日本人には本来馴染みのない植物なので、摂取は負担が無いように容量を守るべきとされています。
また、マカの大量摂取は肝臓に負担をかけると言われており、ちびちび飲むことを毎日続け効果の獲得を目指すのがベターです。

2つ目は食前の摂取です。
これは個人差があるのですが、胃が空腹の状態でマカを摂取すると、気持ち悪くなったり腹痛になったりと影響があるようです。
これは胃酸が活発で。
効果の強いサプリメントを飲むことで胃腸が活発化し腹痛を感じやすいようです。
子尾場食前の摂取は避けてみてください。
但し、腹痛を感じない人は効果を吸収しやすいのでこの限りではありません。

最後に3つ目は薬との飲み合わせです。
サプリメント全般に言えることですが、すでに何らかの医療薬を飲んでいる場合飲み合わせの関係で腹痛につながる可能性があります。
これはサプリメント同士でも想定されることです。
特に医療薬は医師の判断で飲むように支持されているものなので、サプリメントよりも優先すべきものです。
腹痛が続いている場合は速やかに医師に相談し、服用の判断を仰いでみてください。
この他にも体調不良時にも腹痛を起こすことがあります。
風邪などで免疫が低下しているときは服用を避けてみると良いでしょう。