妊娠中

マカとめまいの関連性

皆さんはめまいの症状を経験したことはありますか。
不意に仕事中目の前が回るようなこと、あるいは家事の最中に足元までゆらぐような症状などを感じたら、それはめまいの症状です。
実はまだあまり認知されていませんが、めまいの症状はある年齢に差し掛かると症状を感じる人が増加します。
それは「更年期障害」です。
更年期障害とは、多くの女性が経験する症状です。
一般的に多くは40代から50代に症状を発症します。
症状には個人差がありますが、共通している発生原因は「閉経」です。
女性の月経は一生起こるものではありません。
平均して10代初頭で迎える月経は、40代以降に閉経します。
すると、月経は終了します。
この閉経前はホルモンバランスが急激に変化し、徐々に女性ホルモンが低下していきます。
すると、この期間にめまいの症状を感じる女性が非常に多くなるのです。
めまいの他にも動悸や息切れなどの症状も更年期障害の代表的な症例の1つです。
ではこうした原因が明らかであるめまいには、対処法はあるのでしょうか。

そこで、「マカ」の持つめまいへの効果に照準を合わせてお話しましょう。
マカはプエラリアを代表とするホルモン作用の健康成分とは一味異なります。
マカはホルモンを形成する前の土台を作る効果があります。
つまり、土台を生み出すことで今存在するホルモンを変動させるのではなく。
健康的にホルモンを生み出すことが出来るのです。
そのため副作用も非常に低く人気があります。
すぐにめまいが治まるわけではないのですが、継続して飲むことでめまいの症状が徐々に緩和するのです。
更年期障害の期間は、徐々に女性としての輝きを失うように感じてしまい、気分が落ちこむこともあります。
でも落ち込む必要はありません。
健康成分でありマカを補うことで、気分も向上し前向きに更年期をとらえることができます。
閉経は女性の人生のおける第2ステージの幕開けです。
すっきりと気分が落ち着かせ、めまいの症状を乗り越えましょう。
また気になる生理中のマカ摂取についても参考にご覧ください。